<< 素材のにちよう市 vol.3 | main | 「米展」 塩糀のワークショップ募集のお知らせ >>
【米展】neshianさんの手づくり味噌教室






【 neshianさんの手作り味噌の会 】(各日定員10名)

   2/11(木祝) 10 : 30 - 14 : 00   
→ 満席になりました 
    ◆2/23(火)      10 : 30 - 14 : 00  → 満席になりました 

   参加費:6200円(税込)(出来上がり約2kg分の味噌 と 軽食–おむすびと根菜の味噌汁 付き)
   持ち物:エプロン・タオル・大きめのすり鉢
       すりこ木・大きめのボール2つ
       味噌が入る容器(漬け物用なら5号・5ℓ入るもの)

       

     *大きめのすり鉢・大きめのボールは共に、直径24cmくらいがベストです。

   *味噌は天地返しもするので、味噌の量に対して、少し大きめの、余裕のある大きさの容器を準備します。
    → 5ℓの容量の容器をお求めください。プラスチック製、またはホーロー、陶製のもの。

   *マノマノには駐車場がありませんので、ワークショップ当日は、近隣のコインパーキングに停めてください。





neshian (ネシアン)の 大野ひろみさんの手づくり味噌教室です。
毎年、大人気のワークショップで、すぐに満席になってしまうため、今回は平日と休日の2回行うことになりました。
みんなでワイワイとお話しながらの味噌づくりは、とても楽しい時間となると思います。
お一人でも。お友達同士でも。手づくり味噌の美味しさに触れられる、よい機会になりますように。



◯おいしい軽食付き(塩むすびとねぎ味噌やふき味噌など、根菜のお味噌汁。お味噌は去年仕込んだ味噌です。)

◯素材: 大豆(金沢の有機大豆)、米麹(静岡産の米麹)、塩(シママース)

◯行程: 大豆を煮る作業は、前日にこちらで致します。当日、茹でた大豆をすりこ木ですり潰し、麹と合わせます。
     味噌をお持ち帰りいただき、2ヶ月に1度天地返しして、11月頃から召し上がっていただけます。

◯キャンセルについて:前々日から準備に入りますので、前々日〜当日のキャンセルの場合、全額申し受けます。
           後日、テキストと味噌の材料をお渡しいたします。



味噌は3種類に分かれ、今回お作りするのは米麹を使った米味噌です。「寒仕込み」といって、寒いこの時期に作るのが美味しい味噌が出来上がる秘訣!素材は、 「大豆」「米麹」「塩」と、とてもシンプルですが、手作りの味噌は、「作る楽しみ」「待つ楽しみ」「自然の恵みをいただく楽しみ」が感じられ、何よりとて も美味しいです。自然の力をかりて、時間をかけ、ゆっくりと発酵される味噌。この機会に、いかがですか?

neshian
池田山麓に「山のアトリエ」を構え、週1回の営業の他、ケータリングサービスや料理教室などの活動を行っています。
揖斐周辺の自然豊かな環境で育った無農薬野菜を中心に、素材を生かしたお料理で、心を込めて、おもてなしをいたします。

http://neshian.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<workshopのお申し込みについて>

*お申し込みはメールにて、infomanomano@gmail.com あてにお送りください。

1)メールの件名に、「  neshianさんの手作り味噌の会 」と必ずお書きください。
2)お名前/住所/お電話番号(携帯)/参加人数/希望日時 or を明記。
3)予約確定の返信メールにて、予約完了となります。

→ 両日ともに、満席になりました


*このワークショップは、3/5 - 3/15に開催を予定しています、毎日を考えるvol.5   「米」展 の関連企画です。

毎日を考えるvol.5   「米」

古来から脈々と稲作を続けてきた日本。
米は食料としてだけでなく、醸造して日本酒、味噌、味醂。糠(ぬか)では漬物など・・・
また、副産物としての藁(わら)は、縄・むしろなどの生活道具、神社の〆縄、お正月飾りなどに作られてきました。
毎日のご飯をおいしく食べるための飯碗、酒器、土鍋など日常の道具、食器、食品などを展示販売いたします。


 
| workshop | - | 01:15 |

スタジオマノマノ.jpg

manomap

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
profile
categorie