<< 牧野伊三夫展 10月22日より開催する展覧会と音楽ライブのお知らせ | main | 本のにちよう市/ブクマ古本市 -おいしいにちよう市- >>
本のにちよう市/参加者のみなさん

 

本とにちよう市には、本とともに楽しみたいもの、いろいろあります。

本を選ぶときに、その本をイメージしてコーヒーやお菓子も選んでいただけたら。

 

 

 

|本とコーヒー| (珈琲豆のみ販売)

 

B7_kurokawa.jpg

 

・喫茶クロカワ

・マルヨシコーヒー

 

2つの珈琲屋さんに、それぞれ2種類のコーヒーを選んでいただいています。

本を読むときにあう、そんなコーヒーを。

 

本を開き、目で文章を追いながら、マグカップのコーヒーを口にする。

静かに本の世界を旅するとき、コーヒーはいつもそばにいてくれます。

ドキドキと感情が高まるときも、主人公の悲しみに胸がしめつけられるときも。

 

100gずつにパッケージしていただいていますので、この機会に

いろいろなコーヒーを試してみてくださいね。

 

◯喫茶クロカワ

 

珈琲豆  インド/カラディカン農園 トリシューラ SC-01

『あやまちの夜』 ターハル・ベン=ジェルーン

舞台はモロッコ。イスラムの宗教・性と聖、夢や神秘・心理や思想。エキゾチックで幻想的な走馬灯がマニ車のスピードで回ようにめぐるストーリーに引き込まれてしまいます。
フェ ズの街のように出口を見つけたと思ったらまた入り口、なかなか底の見えないパンドラの箱を開けてしまった夜にインドのコーヒーはいかがでしょう。エチカを BGMに自問自答、僕の中にあるエスを探してサルトルで眠れない。スピノザもフロイトもサルトルも読んだことはないのですが、未知なる内側探求に胸騒ぎと 深い静寂が同居する感じ、に通づるものがあるようなないような。


珈琲豆◆ .ぅ鵐疋優轡◆織泪鵐妊螢 ビンタンリマ

『潮騒』 三島由紀夫

秋になると妙にマンデリンが飲みたくなります。じりじり熱くぎらぎら眩しかった季節も過ぎ、夢中になった一夏の想いもそろそろ思い出に変わり始める頃。ちょっとビタースイートな気分と相性がよい、と思っているのかもしれません。
恋 愛小説を読む機会があまりありませんでしたが、三島由紀夫の描く小さな島(伊勢湾口の神島が舞台だそうです)での昭和の恋物語は瑞々しく肉肉しく、清く官 能的。青春ロマンの全てがここにあるようでとても好きです。娯楽性もたっぷりでさらりと頭に入ってくるのも、そんな気分の時にはよいかもしれません。

 

 

◯マルヨシコーヒー

 

マノマノブレンド(上巻)
秋の夜長...というよりは 日の明るい時間帯に、ミステリーや推理小説を読みながら、ドライフルーツなんかと共にのんでいただきたい味。トマトジュースを思わせる、ジューシーでいてコクのある味わいに、迷宮入りするコト間違いなし。


マノマノブレンド(下巻)

皆が寝静まった肌寒い夜更けに、灯りを暗くして、ミルクチョコレートを口に含みながらのんでいただきたい味。
恋愛小説や冒険物を読みながら、甘みや苦み、コクの奥深い余韻に浸ることができれば、今夜はよく眠れそうな予感。カフェオレにもぴったりです。

 

 

 

|本とおやつ| 

 

saco_1.jpg

 

・saco (カヌレ・9/28のみ限定数)

 

カヌレって、はじめて食べたときに本当にびっくりしました。

その見た目とのギャップたるや...こんなおいしいものだとは知らなかったと。

それ以来、カヌレを見つけると、とりあえず購入するという癖ができました。

sacoさんのカヌレ、3種類。バニラ、チョコ、抹茶。

焼いた当日はまわりのカリッとした感じと、中のとろっとした柔らかさを楽しみ、

翌日は風味やコクが増している、そのしっとりした食感を楽しむ。どちらもおいしいです。

sacoさんのカヌレ、たべてみてほしいなと思います。

 

saco_3.jpg

 

saco

カヌレはフランスの伝統菓子です。
外側はパリッとしていて香ばしく、内側はしっとりと

して柔らかい食感です。
新鮮な卵をたっぷり使ったバニラカヌレは、ラム酒が

香る濃厚なプリンのような味わいです。

 

https://www.instagram.com/saco_canele/

 

 

 

 

 

・ミモザ(プラリーヌ)

 

本と読みながらいただきたい「おやつ」で浮かんだのが、ミモザさんのプラリーヌでした。

頁をめくりながら、口にほおりこんで食べたいお菓子。

止まらない....あっという間に瓶の中がからっぽになってしまう、そんなおいしさです。

17世紀フランスで生まれた、アーモンドにシロップをからめてつくるコンフィズリー(糖菓)で

カリカリという歯切れのいいお菓子です。

 

 

 

    

 

・ヨフカシ(クマーノクッキー)

 

ひさしぶりにヨフカシさんにクマーノさんクッキーをお願いしました。

ヨフカシさんのクッキーは、ビスケットのようなやさしい味でどこか懐かしく、ふとしたときに

思い出してまた食べたくなる、そんな味です。クマーノさんの型抜きのクッキーをいつもお願いしています。

よふかししながらの読書にぴったりのお菓子です。

 

 

 

|本を読むための眼鏡| 

 

 

MasatoIto_A.jpg

 

 

・Masato Ito   (リーディンググラス)

 

本を読むための眼鏡、そんなとっておきの眼鏡を。

Masato Itoさんは、ハンドメイドで眼鏡を制作する眼鏡作家さんです。

普段はオーダーメイドのみですが、今回はさりげなくかけられる、シンプルな眼鏡を展示販売させていただきます。

(*レンズは度数の入っていないタイプですので、矯正用のレンズが必要な方は、ご自分で眼鏡屋さんでレンズを入れてもらってください。)

 

 

Masato Ito /創作眼鏡

眼鏡という小さな道具を掛けただけであなたの

イメージは大きく変化します。  

MasatoItoは「成りたい自分に近付く眼鏡」

オーダーメイド制作しておりますが、

今回は特別に「本のある生活を楽しむ眼鏡」を

ご提案させていただきます。 

 

作家URL http://masatoito.com/

 

 

|ブックカバー| 

 

 

本をひらくと、思考がはばたく。

ことばの空の 旅をする。

 

本がはばたく蝶になる、ブックカバーです。

 

ブックカバー/溝渕美穂

 

 

 

|みちしるべの栞| 

 

本の間に、ときおり栞がはさんであります。(はさんでないものも、あります。)          

本への、みちしるべとして、持ち主からの小さなメッセージです。

 

今回のコンセプト、本の新しい持ち主探します、のために、その本をおすすめするポイントや

気に入っていたところなどを、持ち主の方にコメント入れてもらっています。

レシピ本ではおいしかった料理のことや、この本のこのページが気にっていました、など自由に

記入してもらっています。

 

本探しのときの目安にしてもらえたら。

 

 

以上です。

秋の夜長に、ゆっくりと本を楽しんでもらえますように。

 

 

 

| にちよう市 | - | 11:12 |

スタジオマノマノ.jpg

manomap

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
profile
categorie