毎日を考えるvol.8 「植物の力」出展者

 

キタムラマサコ

 

「葉壜」

本来の用途を離れた壜は、キタムラさんの手により

カットされ、磨かれ、細工を施されて再び生かされます。

そこにそっと入る草花は、野にいる時とはまた違う顔をして生きいきして見えます。

壜の組み合わせの妙がまたすてきで、楽しい。

 

http://kitamuramasako.net/muscat1/

 

| 展示 | - | 23:26 |
毎日を考えるvol.8 「植物の力」出展者

solo(ソロ)

 

名古屋市瑞穂区十六(ソロ)町にあるお菓子のお店。

作り出されるお菓子は優しいけれど芯に力を感じます。

季節の材料を吟味して作り出されるケーキを心待ちにされている方もたくさんおられると思います。

今回は、ローズマリーのクッキーとレモンクッキーを持って来て下さいます。

クッキーの包みは、今回の案内用に作った葉っぱ柄の包装紙を使い素敵になっています。

プレゼントにもぜひ。

http://solo-16.net/

| 展示 | - | 22:56 |
毎日を考えるvol.8 「植物の力」

毎日を考えるvol.8

植物の力

 

2019年4月20日(土)〜4月30日(火)  

12:00〜19:00  

会期中休み4月25日(木)

 

台所の窓際に母が置いたさつまいものしっぽ。

水の入った小皿で芽を伸ばし、気がつくと出てきた葉っぱは全て窓の方に向いている。

生きている。生きるために静かに明るい方に向いている。

 

もの言わぬ静物、植物は広く私たちの生活に関わっている。

木の実を拾って食べ、木を切って道具や家を作り、田に稲を育て畑を耕して作物を収穫する。

草で繊維を織り、染める。紙も繊維を漉いて作られている。

そして、咲いた花を毎年愛で季節を送る。

 

傍らにある静かな植物を見つめてものづくりをされている方々に参加していただきます。

春の一日ぜひお出かけ下さい。

 

  キタムラマサコ [葉壜]

 

・キタムラマサコ(硝子)

・solo (お菓子)

・Sophia Clarus (ハーブ)

・武井春香(布)

・野村亜矢   (陶)  

・hitotema (ワークショップ) 

・mabo  (絵)

・森田千晶 (和紙)

・森田 朋 (版画)

 

 

 

 

| 展示 | - | 12:09 |
毎日を考えるvol.8 「植物の力」ワークショップ参加予約の案内

毎日を考えるvol.8

植物の力 

開催期間中のワークショップ

 

あたり前に傍らにある静かな植物を見つめてものづくりをしている方々に

参加していただく展示「植物の力」を4月20日から開催します。

その期間中のワークショップの案内です。

予約はメールにて先着順に承りますので、参加ご希望の方は下記をご覧になりご予約をお願いします。

 

イメージ写真

Sophia Clarus 

Herbal Labo

一対一でおはなししながら、一緒にハーブを選び、

わたしだけのオリジナルブレンドハーブティーを作りましょう。

420()21() 両日の1218時の間の1時間

予約希望の日にちと時間を予約して下さい。

(例、420日(土)14時〜

  ・参加費 3,500

Sophiaのハーブティー、SOLOのお菓子、オリジナルブレンドハーブティー瓶詰めのおみやげ)

 

Sophia Clarus… 

2ヶ月に一度だけ更新するサイト&オンラインストア。

たからものやお気に入り、気まぐれで作ったオブジェ、好きなハーブティーなどを載せている

https://sophiaclarus.love

 

 

 

イメージ写真

アトリエ hitotema  

ねじって巻いて 染めてみよう!」

季節の草花を、たたいたり、ねじったりしてから春の染液でじっくり染めていきます。

実験しながらどんな模様や色が出るか楽しみます。染めた布はアイデア次第で使い方色々。

身近な植物の色を暮らしの中に取り込んでみませんか。

427()  13:0015:30  定員8  

・参加費:3500 (お茶とお菓子つき)

・持ち物:エプロン、汚れても良い格好

 

アトリエ hitotema     

田中翔貴+秋保久美子

ちょっとひと手間かけて、つくる、つながるをコンセプトに20174月より三重県いなべ市立田地区で活動をはじめる。

豊かな自然を活かした草木染めの商品開発・販売やワークショップの企画、

フリーペーパー“hitotema 人手間の発行などから地域の魅力を発信しています。

 http://www.instagram.com/hitotema.293  

 

 

 

 イメージ写真

森田千晶

「和紙の花で作るスワッグ」

透かし漉きの和紙の花のモチーフを組み合わせて部屋に下げるスワッグを作ります。

出来上がったスワッグに香りをつければくつろぎの空間にもなります。

429(.)  13301500  満席となりました。 

        16001730  満席となりました。

・参加費 3,800円(お茶とお菓子付き)

 

森田千晶 

埼玉で和紙の原料となる楮を育て紙漉きをされている森田さんの和紙は、柔らかで透明感があります。

また様々な植物をモチーフにした透かし模様の和紙は優しく美しい。

http://senrowaki.com/chiaki.html  

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ワークショップの申し込み】

申し込みはメールにて、infomanomano@gmail.com あてにお送りください。


1)メールの件名に、参加を希望する会のタイトルを書いて下さい。

「ハーバルラボ」ねじって巻いて 染めてみよう!」「和紙の花のスワッグ」

2)お名前/お電話番号(携帯)
3)予約確定の返信メールにて、予約完了となります。

返信までに2〜3日いただくこともありますが、ご了承ください。

                                                

 

| workshop | - | 11:49 |
AIR ROOM PRODUCTS のシャツ展

airaroom_omote.jpg

 

 

 

AIR ROOM PRODUCTS のシャツ展

 

2019 3/21(木祝)ー3/31(日)

open  12:00-19:00

close  3/26・3/27

 

いつもの日々のための、気取らずに着られるシャツ。
シンプルなデザイン、仕立ての良さ、洗いざらしの気楽さ。
そっと袖を通してみると、動くたびに心地よく、からだが自由になる気がします。
メンズもレディースも共通のデザインで、自分らしいサイズを選んでいただけます。
シャツにあわせたいパーカやストールなども。  この機会にぜひご覧ください。

 

| エアルームプロダクツさん在店予定_3/21・22・23・24 |

 

 

_____________________________________________________

 

 

AIR ROOM PRODUCTS  / エアルームプロダクツ(東京)


いつもの日々のための白いシャツ。
家で洗濯して乾かしてそのまま着られるシャツ。
シャトル織機で織ったコットンブロードや
風合いの良いリネンなど上質な素材を使い
専門の工場で仕立てています。
レディース・メンズともに共通のデザイン、
基本のカタチは継続して生産しています。
パーカ、ストールなどシャツにあわせて活躍する
アイテムもご覧いただけます。

 

_____________________________________________________

 

 

 

◎おいしいもの(販売のみ)

maruto (東京/焼菓子)

円居(岐阜/グラノーラ・スコーン)

Felt coffee (東京/珈琲豆)

 

◎タネヲマクの南インド・ミールスの会

3/24(日)12:00〜終了次第(限定数)

 

カレー好きの、AIR ROOM PRODUCTSの鴨さんのための

おもてなしカレーです。

予約なし、座った順番にご提供させていただきますので、

当日、ふらりといらしてください。

 

 

 

airroom_ura.jpg

 

| 展示 | - | 15:53 |
AIR ROOM PRODUCTS のシャツについて

 

 

 

 

 

AIR ROOM PRODUCTSさんのシャツの特徴は、肌触りのいい良質の素材と、シンプルなデザイン。

洗いざらしでも、そのままでいい感じに着られる気楽さは、シャツを着るという楽しさを教えてくれます。

 

わたしが気に入っているのは、一見すると細身のデザインでも、肩や脇のパターンに工夫があって、

着てみると思いのほかゆとりもあり、腕をあげたり動かすときにスッと軽く動かせること。

こればかりは、着てみないとわからない感覚ですが。。。案外、大切なこと。

 

せっかくなので、そのシャツのことを、もう少し詳しく聞いてみました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

●AIR ROOM PRODUCTSについて

 

「AIR ROOM PRODUCTS」は自分らしく着られるシャツと私たちが好きなモノ、
コトをカタチにするブランドとして2008年にスタートしました

シャツを作り始めたのは白いシャツが好きだったこと。
そして好きなシャツをいつまでも着ていたいから、、、
そんな理由で自分たちがずっと着たいシャツ2型から始めました。

始めた時から考え方は変わらず、好きなシャツをいつでも手にしていただけるよう
基本のカタチは微調整しながら継続して作り続けています。

私たちは清潔感のある、着てキモチのいい白いシャツがずっと好きです。

 

 


■デザイン

私たちが考えるスタンダードとして、メンズシャツの基本形を大切に主張しすぎない
シンプルでベーシックなデザインをメンズ、レディースのサイズ展開で用意しています。

自然にドロップさせた肩のラインとコンパクトなボックスシルエット、
裾は外に出すバランス。このサイズ感がベーシックな型では共通になっています。
デザインは同じでも女性サイズはより立体的にするなどレディースとメンズでは
パターンも違い、適度なゆとりで動きを妨げないシャツ作りを心がけています。

スモックタイプやコートタイプなどお好みや用途に合わせて選んでいただけます。
白いシャツと相性のいいヤクウール混やコットンで吊り編み裏起毛のパーカなども
定番として継続して作っています。

 

 

 



■生地

私たちの作るシャツは肌ざわりの良いコットンやリネンのシャツらしいスタンダードな生地を使用しています。
オーガニックコットン、スーピマコットン、ヨーロッパ産リネンなどの上質な原料から細番手の糸をひいた、
しっかりとしたきめ細かい織りの生地を選んでいます。
現在では少なくなったシャトル織機で高密度に織っ たコシのある生地や、昔ながらの吊編み機で編んだ
ふっくらとした素材など、効率よりも風合いを大切にした オリジナルテキスタイルにも取り組んでいます。


■仕立て

日本国内のシャツ専門工場によるメンズシャツならではの本縫い仕立てが基本です。
本縫い仕立てとは、折り伏せ縫いする事で生地端が全く出ない縫い方で、
ミシンの運針も1インチ間24針前後の非常に細かい針目で縫い上げています。
細かい針目でまっすぐ縫うことは時間がかかり高い技術を必要としますが
丈夫で着心地は快適、洗いざらしで着ても型くずれもなくキチンとみえます。
※カットソーなど一部の製品にはロックミシンを使用したものもございます。


■仕上げ

普段使いのシャツとして着て頂くために素材感をいかした仕上げになっています。

縫い上がったシャツは、水洗いで布地についていたのりを落とし、
風とあたたかい日差しで自然乾燥。ノーアイロンで適度なしわを残して仕上げています。
仕上げに水洗いすることでお買上げ後の洗い縮みもほとんどありません。
全ての製品はご家庭でお洗濯していただけます。
 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

そういえば、いつもAIR ROOM PRODUCTSの鴨さんは、

ブランドのシャツを気持ちよさそうに着ています。

とても、お似合いなんです。

シンプルだからこそ、着るひとに自然と寄り添っていくシャツなのかもしれません。

自分らしくいられるシャツ、探しにきてみませんか。

 

yumiko sotohata (スタジオマノマノ)

 

 

 

| 展示 | - | 14:04 |
AIR ROOM PRODUCTS のシャツ展 (おいしいもの)

 

 

◎おいしいもの(販売のみ)

 

AIR ROOM PRODUCTSさんと、ご縁のある方々においしいものをお願いしました。

 

 

*今回は、シャツの展示会がメインとなっていますので、事前にお菓子等のお取置きなどの対応は

 

 させていただいておりません。

 

*数に限りがありますので、状況をみて、個数制限をさせていただくこともあります。

 また完売の際には、大変申し訳ありませんが、ご了承くださいませ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

● maruto (東京/焼菓子)

 

レモンケーキ

ガレットブルトンヌ

ウォルナッツボール

ビターチョコビスケット

カシューナッツ&クランベリービスケット

チョコサンドボール

 

*3/24(日)に、marutoさんがマノマノにいらっしゃいます。

 当日はタルトの販売もあります。

 

 

maruto

吉祥寺にある工房で、お茶の時間が楽しみになるようなシンプルで味わい深い

お菓子を焼いています。

バターや粉の本来のおいしさを生かしフルーツ・ナッツ・スパイスを組み合わせ

しっかり焼きこんだお菓子をぜひお楽しみください。

 

http://maruto-m.com/

 

 

 

 

 

 

 

● 円居(岐阜/グラノーラ・スコーン)

 

グラノーラ4種

スコーン2種

 

 

円居

濃尾平野の北端、象徴である金華山と美しい長良川が流れる岐阜の地。

古くからの街道沿いの町家にてお店を開きました。

今ではかつての街道の賑わいはなくなりましたがそこここに名残が残ります。

屋根のスカイラインひとつをとってみてもそこが古く街道であったことを

容易に想像させます。 「円居」はそんな場所にあります。

 

http://elephant-d.com/madoi.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

● Felt coffee (東京/珈琲豆・ドリップコーヒー)

 

Felt coffeeは自家焙煎のコーヒー豆屋です。  
店舗はなく、イベント出店や卸を中心に活動しております。

沈んだ気持ちは、少しは上を向くような。
楽しい気持ちは、も少し上を向くような。 
少しでも気分が軽くなって眠られる。
そういうお供になれたら嬉しいです。

 

Instagram→ @yuuki_fukuoka

 

 

 

 

 

 

◎タネヲマクの南インド・ミールスの会

3/24(日)12:00〜終了次第(限定数)

 

予約なし、座った順番にご提供させていただきますので、

当日、ふらりといらしてください。

 

 

 

| 展示 | - | 18:04 |
ペシュカの木枠織りワークショップ(応用編)

 

 

ペシュカの木枠織りワークショップ(応用編)

〜ノッティングの技法でつくる wall hanging〜

 

3/16(土)11:00-13:00   (お菓子とお茶付き)

 

*プラス1時間ほど、そのままマノマノで作業してもらっても大丈夫です。

 

 

タテ糸に毛糸を結び(ノッティング)付けながら織っていきます。

毛足の長いフワフワのミニマットや壁掛けを作りましょう。

 

色彩あざやかな作品が印象的な、織り作家ペシュカさんの人気の木枠織りWSです。

 

 

 

 

 

 

*ペシュカの木枠織りのワークショップ(基本編)の受講経験のある方のみ

 申込み可能です。(基本編はマノマノでも、他の講座での参加でも大丈夫です。)

 

●受講料:2,800円

●材料費:1,000円

●持ち物:木枠セット一式、織り針、タテ糸(当日購入可)ハサミ、筆記用具、エプロン

 

(材料、織り針など、追加購入も可能です)

 

 

 

|予約について|  

 

・メールにて、ご予約を承ります。  →  infomanomano@gmail.com

 

・メールの件名に「ペシュカワークショップ」と、ご記入ください。

 

・本文には以下のことをご記入ください。

 

お名前(フリガナ)/ご住所/電話(携帯*必ず明記してください)/参加人数

 

 

 

*スタジオマノマノからのメール返信にて、予約確定となります。

(返信に1〜2日かかることもありますので、ご了承ください。)

 

*満席の場合も、メールにてご連絡いたします。

  1週間以上経ってもメール返信がない場合は、手違いの可能性もありますので、

  お手数ですがご連絡いただければと思います。

 

 

| workshop | - | 15:58 |
「犬飼眼鏡枠」展示受注会のお知らせ

「犬飼眼鏡枠」さんの展示受注会を開催します。

 

ものづくりの地、長野県松本市で眼鏡枠を製作販売されている
「犬飼眼鏡枠」の展示受注会をスタジオマノマノで開催します。
一人ひとりに合わせ一つひとつ、丁寧に作られる犬飼さんの眼鏡枠を
この機会に是非直接ご覧になり、お話ししてみて下さい。

 

2019. 2月16日(土)
            17日(日)             

              18日(月)
open       12:00 -18:00

 

□プロフィール
犬飼厚仁
1978年、松本生まれ。2001年、東京造形大学デザイン学部卒業。

2007年から8年間、福井県鯖江市にて眼鏡フレームメーカー数社で働く。
2016年、犬飼眼鏡枠として独立し、松本市内に工場兼店舗を構える。

眼鏡枠のデザイン・設計から製作までをひとりで行う。
手仕事でしか出来ないこと、機械ですべきことを選択しながら、工芸と工業を行ったり来たり。
手の塩梅と機能に必要な精度を出すバランスを目指したものづくりをしています。  
 

© Nae Fukata

続きを読む >>
| 展示 | - | 23:25 |
neshianさんの手作り味噌の会_2019





【 neshianさんの手作り味噌の会_2019 】(各日定員10名まで/最少催行人員8名)

   2/21(木) 11 : 00 - 14 : 00  *満席になりました    

    ◆2/22(金)   11:00 - 14 : 00    *満席になりました  

   参加費:6500円(税込)(出来上がり約2kg分の味噌 と 軽食–おむすびと根菜の味噌汁 付き)
   持ち物:エプロン・タオル・大きめのすり鉢
        すりこ木・大きめのボール2つ
        味噌を入れる容器(漬け物用なら5号・5ℓ入るもの)

       

    *大きめのすり鉢・大きめのボールは共に、直径24cmくらいがベストです。

   *味噌は天地返しもするので、味噌の量に対して、少し大きめの、余裕のある大きさの容器を準備します。
    → 5ℓの容量の容器をお求めください。プラスチック製、またはホーロー、陶製のもの。


   ◎マノマノには駐車場がありませんので、ワークショップ当日は、近隣のコインパーキングに停めてください。




neshian (ネシアン)の 大野ひろみさんの手づくり味噌教室です。
毎年、大人気のワークショップで、リピートの方も多いので、すぐに満席になってしまいます。
みんなでワイワイとお話しながらの味噌づくりは、とても楽しい時間となると思います。
お一人でももちろん。お友達同士でも。手づくり味噌の美味しさに触れられる、よい機会になりますように。



◯おいしい軽食付き(塩むすび、ねぎ味噌やふき味噌など、根菜のお味噌汁。お味噌は去年仕込んだ味噌です。)

◯素材: 大豆(石川産または青森産の有機無農薬大豆)、米麹(静岡産の米麹)、塩(シママース)

◯行程: 大豆を煮る作業は、前日にこちらで致します。当日、茹でた大豆をすりこ木ですり潰し、麹と合わせます。
     味噌をお持ち帰りいただき、2ヶ月に1度天地返しして、11月頃から召し上がっていただけます。

◯キャンセルについて:前々日から準備に入りますので、前々日〜当日のキャンセルの場合、全額申し受けます。
           後日、テキストと味噌の材料をお渡しいたします。



味噌は3種類に分かれ、今回お作りするのは米麹を使った米味噌です。

「寒仕込み」といって、寒いこの時期に作るのが美味しい味噌が出来上がる秘訣!

素材は、 「大豆」「米麹」「塩」と、とてもシンプルですが、手作りの味噌は、

「作る楽しみ」「待つ楽しみ」「自然の恵みをいただく楽しみ」が感じられ、

何よりとても美味しいです。

自然の力をかりて、時間をかけ、ゆっくりと発酵される味噌。この機会に、いかがですか?

neshian
池田山麓に「山のアトリエ」を構え、週1回の営業の他、ケータリングサービスや料理教室などの活動を行っています。
揖斐周辺の自然豊かな環境で育った無農薬野菜を中心に、素材を生かしたお料理で、心を込めて、おもてなしをいたします。

http://neshian.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<workshopのお申し込みについて> 

 

*2/21(木) 2/22(金)ともに、満席となりました。

*お申し込みはメールにて、infomanomano@gmail.com あてにお送りください。

1)メールの件名に、「  neshianさんの手作り味噌の会 」と必ずお書きください。
2)お名前/住所/お電話番号(携帯)/参加人数/希望日時 or を明記。
3)予約確定の返信メールにて、予約完了となります。

◎ご返信までに2〜3日いただくこともありますが、ご了承くださいませ。

| - | - | 01:34 |

スタジオマノマノ.jpg

manomap

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
profile
categorie