「青と白」a と Lawny

 青 と 白

 

空と雲、海と波、青と白。

「a」と「Lawny

2019. 5/25 sat−6/2 sun

close 5/30 thu

12 pm-7 pm 

 

自身の感覚を信じ、素材を選び、自由で心地よいものづくりを続ける

「a」スモールエーと「Lawny」ラウニー。

青と白、それにまつわる いろかたち。

 

 

a  【服】

ニットと布帛の境界を超える、自由な服。

一点一点、デザイナーの手作りです。

a small shop 

a[スモールエー]が運営するアートとファッションの

小さなセレクトショップ。

今回はアクセサリーなど届きます。

https://small-a.com

 

Lawny  【バッグ、ポーチなど】
NEAT
  きちんとしている、UNIQUE  固有で唯一、COMFORT  心地よい  
3つの言葉を大切に、素材選択から作品に関わる全ての工程を
一貫して行ない、アートピースを作るような活動をしています。

http://lawny.jp/

 

【一日喫茶】5/25 sat  12 pm- 6 pm

「音叉堂喫茶室」&「ladybug

ワンディ喫茶でおなじみの音叉堂喫茶室と一緒にladybugのマフィンが久しぶりにやって来ます。

https://web.stagram.com/onsado_kissashitsu

 

 

             

                                                                

https://www.instagram.com/machikov/

 

| 展示 | - | 10:00 |
刺繡博物図/atsumi solo exhibition (同時開催:友達と博物図)

 

 

「刺繍博物図 / atsumi Solo Exhibition  」
 

2019 5/9(木)ー5/19(日)

open 12:00-19:00
close  5/14(火)15(水)
at  studio manomano スタジオマノマノ


 

「 友達と博物図 」
at  tonari トナリ(スタジオマノマノ隣)

 

同時開催となります。

atsumiさんのお友達の作家さんたちによる、今回のテーマに合わせた
作品の展示です。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

刺繍作家 atsumiさんによる、6冊目となる著書『 刺繍博物図 』(小学館)の発売を記念し、

展覧会を開催いたします。(東京、名古屋、京都と3ヶ所を巡回の予定)

 

書籍に掲載されています、atsumiさんの刺繍作品の展示を中心に、他にも今回のテーマにまつわる

ものなども展示します。

 

今回の本は、植物、博物画がテーマとなっています。植物、昆虫、きのこ、海の生き物など、

針と糸で描く、偏愛的博物図鑑です。

 

本のなかでスタイリングもされた結城伸子さんの作品、刺しゅうや手芸、博物図などの古書、

実際の作品に使用された、atsumiさんセレクトの刺しゅう糸なども展示販売します。

また、atsumiさんデザインの図案を使用したミシンの展示も予定しています。

 

絵のように自由に、独自の色彩感覚でつくられる atsumiさんの刺繍作品を、是非ご覧ください。

 

 

◯参加

 

LAVVO  結城伸子 ( 造形作家/「 王冠の針山 」)

 

古書玉椿(古書/刺繡や博物図にまつわる本)

 

オリムパス製絲株式会社(atsumiさんセレクトの刺繍糸)

 

ブラザー販売株式会社(ミシン・parieの展示/atsumiさん監修のミシン)

 

 

*参加者のご紹介はこちらへ → click!!

 

 

 

<workshop> すべて満席となっています。

 

『 刺繍と製本 』
- 紙を刺繍し、ノートを綴じるワークショップ -

○日 程   2019年 5/11(土)
○時 間 10:00 - 12:30 満席 14:00 - 16:30 満席
○場 所 スタジオ・マノマノ
○講   師 atsumi (刺繡作家)・都筑晶絵(製本家)
○授業料 3,240円/1回(材料費込み/お茶とお菓子付き
○定 員 各10名

 

『 はちの刺繍のがまぐちのワークショップ』
 
○日 程   2019年 5/12(日)
○時 間 9:30-13:15 満席 14:00-17:45   満席  (*時間変更になっています)
○場 所 スタジオ・マノマノ
○講   師 atsumi (刺繍作家)
○授業料 6,800円/1回(材料費込み/お茶とお菓子付き)
○定 員 各7名

 

 

*ワークショップの詳細やご予約方法などはこちら → click!!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

a t s u m i  【刺繡作家】

 

多摩美術大学卒業後、アパレルメーカー、同大学に勤務ののち

刺繍作家としての活動をはじめる

 

刺繍をベースとした作品づくりで個展を開催するほか、

異素材を扱う作家・企業とのコラボレーションワークや、

アニメーションへの素材提供・装画制作・ワークショップなどの活動をしている

 

<<<  著 書

 

2011 『刺繡のエンブレム』 文化出版局

2012 『紙刺繡のたのしび』 BNN新社(*共著)

2013 『ことばと刺繡』 文化出版局

2014 『刺繡のいろ』 BNN新社

2016 『刺繡のはじめかた』 マイナビ出版

2016 『刺繡のエンブレム  AtoZ 』 文化出版局

2019   『刺繡博物図』小学館

 

https://www.itosigoto.com/

 

 

( photo : kaoru yamada )

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

【 同時開催 】

 

「 友達と博物図 」
at  tonari トナリ(スタジオマノマノ隣)

 

2019 5/9(木)ー5/19(日)

open 12:00-19:00
close  5/14(火)15(水)

 

atsumiさんの古くからのお友達でもある、作家さんたちによる、今回の「博物図」を

テーマとした展示です。

 

 

 

◯参加

 

小倉薫(造形作家/額・ドローイング・オブジェ)

 

カトウジュリ(画家/アイシングクッキー・絵)

 

真崎桃子(MATKA)(造形作家/花器・箸置き・アクセサリー)

 

都筑晶絵(製本家/ワークショップ・グラシン紙のファイル)

 

 

各作家さんたちのご紹介はこちらへ → click!!

 

 

 

 

kaoru_1.JPG
(刺繡:atsumi  / 額:小倉薫)
| 展示 | - | 23:34 |
刺繡博物図/友達と博物図 参加者のご紹介

 

< 刺繡博物図/友達と博物図 参加者のご紹介 >

 

スタジオマノマノでは「 刺繡博物図 」を、tonari トナリでは、「 友達と博物図 」を開催いたします。

それぞれの参加者のみなさんを、ご紹介をいたします。

 

 

 

【 刺繡博物図 】

 

 

yukinobuko_01.jpg

 

 

LAVVO  結城伸子 ( 造形作家/「 王冠の針山 」)

 

( 今回の本「刺繡博物図」の中で、スタイリングをされていらっしゃいます。)

 

北海道生まれ。海や森から採集した標本や北方民族サーミの手仕事などをテーマに
自然からインスピレーションをうけたものをかたちにする。

 

http://www.takonomakura.com

instagram→ https://www.instagram.com/yukinobuko/

 

 

 

yukinobuko_02.jpg

 

 

______________________________________________________________________________________________

 

 

 

 

 

古書玉椿(古書/刺繡や博物図にまつわる本)

 

北欧・東欧をはじめとしたヨーロッパ各国の手芸本を専門に取り扱う古書店・古書玉椿です。
古いものから新しい創造のひらめきを得るよろこびを、皆さまにお伝えできましたら嬉しいです。
2018年に東京に実店舗・folkloraをオープン。

 

 

 

 

 

 

 

・オリムパス製絲株式会社(atsumiさんセレクトの刺繍糸)

 

本の中で使用されている刺しゅう糸は、すべてオリムパスさんのものです、

今回、その atsumiさんセレクトの、121色の糸をすべて、展示販売いたしますので、

本を参考にしながら、糸選びをお楽しみください。

 

https://www.olympus-thread.com/

 

https://www.instagram.com/olympusthread/?hl=ja

 

 

 

 

・ブラザー販売株式会社(ミシン・parieの展示/atsumiさんの図案を使用したミシン)

 

atsumiさんデザインの刺しゅう図案が25種類も入った、ブラザーミシンさんの「parie」を

お借りして、実際に刺繡していく様子などを見ていただくことができます。atsumiさんの手刺繡を

限りなく近づけて再現された、刺しゅうミシンを、ぜひご覧ください。

 

◯ parieの詳細についてはこちらへ → click !!

 

https://www.instagram.com/brothersalesjapan/

 

 

 

 

 

【 友達と博物図 】 at  tonari トナリ

 

atsumiさんの古くからの友人のみなさん、ジャンルは違っていても、今も作家活動をされています。

今回、地元での久しぶりのatsumiさんの展示会に合わせて、「博物図」をテーマに作品を作っていただきました。

また、それぞれの普段の作品も併せて展示いたします。

 

 

 

『友達と博物図』
今回、名古屋での久しぶりの個展を開催できることになり、せっかく名古屋での開催なのだから、
古くからの友人達とも何かできないかと思い立ち声をかけました。
今、わたしが作家活動という道を選び、続けてこられた理由のひとつとして、
予備校からの友人達がそれぞれのジャンルで作家としてがんばっていることはとても大きい。
学生の頃は、一緒にグループ展などをしていただけれど、それぞれの環境で忙しくなり
なかなか一緒に何かをする機会がなくなってしまいました。
出会った頃から数えると随分大人になったわたしたちは、当時と変わらない気持ちと
いつの間にか変わってしまったところを同じように抱えてつくり続けています。
きっと古くからの友人でなかったら実現しなかった今回の展示は、誰よりもわたし自身が楽しみで
そんな気持ちや、みんなの優しさと、プロの仕事を見ていただきたいと思っています。
今回みんなにお願いしたのは、わたしの新刊に掲載した作品を見せて
「そこから連想する何かをかたちにしてほしい」っという漠然としたものだけ。
普通だったら困ってしまうこんなお願いを快諾してくれる友人がいることがとても嬉しい。
atsumi

 

 

 

kaoru_2.JPG

 

 

小倉薫(造形作家/額・ドローイング・オブジェ)

 

名古屋芸術大学彫刻科卒業した後に瀬戸市で陶芸を勉強する
2006年から陶芸家として活動を開始
2012年頃から陶の作品に異素材を使い始め、現在は陶に限らず様々な素材で作品を制作

 

 

 

kaoru_3.JPG

 

 

 

______________________________________________________________________________________________

 

 

 

 

juri_1.jpg

 

 

 

カトウジュリ(画家/アイシングクッキー・絵)

 

日々の生活を楽しみながら絵を描いています。
平面作品に限らず手を動かして作ることが好きです。

 

http://soratanet.com
instagram:  アカウント @juririri_katooo (https://www.instagram.com/juririri_katooo/)

 

 

今回は特別に、atsumiさんの刺繡をカトウジュリさんがアイシングクッキーにしてくれます。

(参考までに。下の写真は、以前にコラボされた際のもの)

 

 

juri_2.jpg

 

 

______________________________________________________________________________________________

 

 

 

 

momoko_1.JPG

 

 

 

真崎桃子(MATKA)(造形作家/花器・箸置き・アクセサリー)

 

広告や映画等の特殊造形制作会社で造形師としての勤務を経て、キャラクターの原型やぬいぐるみなどを制作する
造形作家として活動。ぬいぐるみとアクセサリーブランドMATKAを始動。2017年より陶芸作品を発表している。

 

https://matka-cheesys.jimdo.com/
instagram https://www.instagram.com/momomatka/

 

 

momoko_2.JPG

 

 

 

______________________________________________________________________________________________

 

 

 

akie_2.jpg

 

 

 

都筑晶絵(製本家/ワークショップ・グラシン紙のファイル)


「グラシン紙のファイル」
グラシン紙は薄く耐水性もあるので、
切手やDM、布や糸のサンプルなどを
コレクションするのによいですよ。

 

 

ヨーロッパで手製本を学び、
作品集や特装本のオーダーを受ける傍ら、
ananas press として本づくりを始め、
2008年から製本を教えています。

 

http://postaldia.com

 

 

akie_1.jpg

 

 

 

 

| 展示 | - | 01:04 |
workshop 刺繡博物図/atsumi solo exhibition 

 


『 刺繡博物図 』の展示期間中に、ワークショップを2つ、開催いたします。

 

5/11には、atsumiさんと製本家の都筑晶絵さんとのコラボワークショップで、紙に刺繡しノートに
仕立てます。 5/12には、atsumiさんによる、はちの刺繡のがまぐちを作ります。
みなさんで、楽しみながら刺繡をしましょう。ぜひご参加ください。

 

 

◎予約開始から、多くのメールをいただいております。

 

 順番にお手続きさせていただいておりますの、予約完了のメールが届くまでもう少しお待ちください。

 4/20にメール届いている方 → 4/22(月)までにお返事いたします。

(今の時点でメールいただいている方も、キャンセル待ちとしてお待ちいただく場合もございます。)

 

◎ただいま、すべてのワークショップは満席となっております。

 キャンセル待ちを、各ワークショップごとに、数名ずつ承りますので、予約方法に従いメールにて

 ご予約ください。

 

 

 

 

ws_5:11_note.jpg

 

 

『 刺繍と製本 』
- 紙を刺繍し、ノートを綴じるワークショップ -


○日 程   2019年 5/11(土)
○時 間  10:00 - 12:30    *満席になりました

      14:00 - 16:30  *満席になりました
○場 所 スタジオ・マノマノ
○講   師 atsumi (刺繡作家)・都筑晶絵(製本家)
○授業料 3,240円/1回(材料費込み/お茶とお菓子付き)
○定 員 各10名
◯持ち物 筆記用具・はさみ・定規・刺繍針(7号)*必要な方は糸通しもお持ちください
糸切り鋏・ピンクッション


刺繍作家と製本家の2人でそれぞれの分野を担当し、1冊のノートをつくります。
基本の製本方法である「冊子製本」は、束ねた紙を表紙と合わせて麻糸で綴じる方法です。
一枚の紙から8ページ、16ページの折丁となり、綴じられた本になります。
表紙の刺繍を刺繍した後、製本しB6サイズのノートに仕立てます。


表紙の図案は2種類ご用意いたしますので、当日会場でお選びいただけます。

 

 

_____________________________________________

 

ws_5:12_1.jpg

 

『 はちの刺繍のがまぐち 』ワークショップ

 

○日 程   2019年 5/12(日)
○時 間   9:30 - 13:15     *満席になりました

     14:00 - 17:45 *満席になりました

                 (所要時間3時間半くらい)

 

*大変申し訳ありません。時間を変更させていただきました。開始時間は当初より30分繰り上げ、

   終了時間もプラスしています。

 時間をお間違えないよう、ご確認ください。(フライヤーなどには、修正前の時間で記入されています)


○場 所 スタジオ・マノマノ
○講   師 atsumi (刺繍作家)
○授業料 6,800円/1回(材料費込み/お茶とお菓子付き)
○定 員 各7名
○持ち物 裁ちばさみ・糸切り鋏・刺繍針・刺繍枠(10~12cm)・まち針・手縫い針・チャコペン・定規

 

はちの刺繍のがまぐちキットを用いて、がまぐちを仕立てます。
グレンチェックの生地に下絵をプリントしてあるので、図案を写すのが苦手な方も
簡単に刺繍を楽しんでいただけます。
プリントを生かし、一部を刺繍してもかわいいポーチに仕上がります。
仕立てる際に、ミシンを使うので、直線縫いなどが無理なくできる方に限らせていただきます。

 

 

___________________________________________

 

 

 

【 ご予約方法について 】

 

・準備などの関係や、多くの方にご参加いただきたいので、直前のキャンセルはご遠慮ください。

 

・開催3日前以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます

 

・ワークショップのお申込み受付は、メールで以下の内容をお知らせください。

 (その際、メールの件名のところにワークショップ名をご記入ください)

 

 

 メールの宛先 : infomanomano@gmail.com

 

 

◎まず、メールの件名のところにワークショップ名をご記入ください。

 

(1)参加する方の氏名 (複数の場合は全ての方のお名前をお知らせください)

 

(2)当日連絡のつく、お電話番号(携帯番号)

 

(3)ご参加希望のワークショップ名『 刺繍と製本 』『 はちの刺繍のがまぐち 』

   

(4)希望のお時間、仝畫  or  午後 どちらでもよい  をお知らせください。

 

 

◎ただいま、すべてのワークショップは満席となっております。

キャンセル待ちを、各ワークショップごとに、数名ずつ承りますので、予約方法に従いメールにて

ご予約ください。

 

◎キャンセル待ち希望、とメールの件名にご記入ください。

 

 

◎マノマノからのメールの返信にて、予約完了とさせていただきます。

 返信には1〜2日ほどお時間をいただくこともありますが、ご了承くださいませ。

 

◎1週間経っても返信のない場合は、こちらからのメールが届いていない場合もありますので

 お手数ですが、その際はご連絡いただければと思います。

 

◎予約開始から、多くのメールをいただいております。

 順番にお手続きさせていただいておりますの、予約完了のメールが届くまでもう少しお待ちください。

 4/20にメール届いている方 → 4/22(月)までにお返事いたします。

 (今の時点でメールいただいている方も、キャンセル待ちとしてお待ちいただく場合もございます。)

 

| workshop | - | 01:26 |
毎日を考えるvol.8 「植物の力」出展者

 

キタムラマサコ

 

「葉壜」

本来の用途を離れた壜は、キタムラさんの手により

カットされ、磨かれ、細工を施されて再び生かされます。

そこにそっと入る草花は、野にいる時とはまた違う顔をして生きいきして見えます。

壜の組み合わせの妙がまたすてきで、楽しい。

 

http://kitamuramasako.net/muscat1/

 

| 展示 | - | 23:26 |
毎日を考えるvol.8 「植物の力」出展者

solo(ソロ)

 

名古屋市瑞穂区十六(ソロ)町にあるお菓子のお店。

作り出されるお菓子は優しいけれど芯に力を感じます。

季節の材料を吟味して作り出されるケーキを心待ちにされている方もたくさんおられると思います。

今回は、ローズマリーのクッキーとレモンクッキーを持って来て下さいます。

クッキーの包みは、今回の案内用に作った葉っぱ柄の包装紙を使い素敵になっています。

プレゼントにもぜひ。

http://solo-16.net/

| 展示 | - | 22:56 |
毎日を考えるvol.8 「植物の力」

毎日を考えるvol.8

植物の力

 

2019年4月20日(土)〜4月30日(火)  

12:00〜19:00  

会期中休み4月25日(木)

 

台所の窓際に母が置いたさつまいものしっぽ。

水の入った小皿で芽を伸ばし、気がつくと出てきた葉っぱは全て窓の方に向いている。

生きている。生きるために静かに明るい方に向いている。

 

もの言わぬ静物、植物は広く私たちの生活に関わっている。

木の実を拾って食べ、木を切って道具や家を作り、田に稲を育て畑を耕して作物を収穫する。

草で繊維を織り、染める。紙も繊維を漉いて作られている。

そして、咲いた花を毎年愛で季節を送る。

 

傍らにある静かな植物を見つめてものづくりをされている方々に参加していただきます。

春の一日ぜひお出かけ下さい。

 

  キタムラマサコ [葉壜]

 

・キタムラマサコ(硝子)

・solo (お菓子)

・Sophia Clarus (ハーブ)

・武井春香(布)

・野村亜矢   (陶)  

・hitotema (ワークショップ) 

・mabo  (絵)

・森田千晶 (和紙)

・森田 朋 (版画)

 

 

 

 

| 展示 | - | 12:09 |
毎日を考えるvol.8 「植物の力」ワークショップ参加予約の案内

毎日を考えるvol.8

植物の力 

開催期間中のワークショップ

 

あたり前に傍らにある静かな植物を見つめてものづくりをしている方々に

参加していただく展示「植物の力」を4月20日から開催します。

その期間中のワークショップの案内です。

予約はメールにて先着順に承りますので、参加ご希望の方は下記をご覧になりご予約をお願いします。

 

イメージ写真

Sophia Clarus 

Herbal Labo

一対一でおはなししながら、一緒にハーブを選び、

わたしだけのオリジナルブレンドハーブティーを作りましょう。

420()21() 両日の1218時の間の1時間

予約希望の日にちと時間を予約して下さい。

(例、420日(土)14時〜

  ・参加費 3,500

Sophiaのハーブティー、SOLOのお菓子、オリジナルブレンドハーブティー瓶詰めのおみやげ)

 

Sophia Clarus… 

2ヶ月に一度だけ更新するサイト&オンラインストア。

たからものやお気に入り、気まぐれで作ったオブジェ、好きなハーブティーなどを載せている

https://sophiaclarus.love

 

 

 

イメージ写真

アトリエ hitotema  

ねじって巻いて 染めてみよう!」

季節の草花を、たたいたり、ねじったりしてから春の染液でじっくり染めていきます。

実験しながらどんな模様や色が出るか楽しみます。染めた布はアイデア次第で使い方色々。

身近な植物の色を暮らしの中に取り込んでみませんか。

427()  13:0015:30  定員8  

・参加費:3500 (お茶とお菓子つき)

・持ち物:エプロン、汚れても良い格好

 

アトリエ hitotema     

田中翔貴+秋保久美子

ちょっとひと手間かけて、つくる、つながるをコンセプトに20174月より三重県いなべ市立田地区で活動をはじめる。

豊かな自然を活かした草木染めの商品開発・販売やワークショップの企画、

フリーペーパー“hitotema 人手間の発行などから地域の魅力を発信しています。

 http://www.instagram.com/hitotema.293  

 

 

 

 イメージ写真

森田千晶

「和紙の花で作るスワッグ」

透かし漉きの和紙の花のモチーフを組み合わせて部屋に下げるスワッグを作ります。

出来上がったスワッグに香りをつければくつろぎの空間にもなります。

429(.)  13301500  満席となりました。 

        16001730  満席となりました。

・参加費 3,800円(お茶とお菓子付き)

 

森田千晶 

埼玉で和紙の原料となる楮を育て紙漉きをされている森田さんの和紙は、柔らかで透明感があります。

また様々な植物をモチーフにした透かし模様の和紙は優しく美しい。

http://senrowaki.com/chiaki.html  

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ワークショップの申し込み】

申し込みはメールにて、infomanomano@gmail.com あてにお送りください。


1)メールの件名に、参加を希望する会のタイトルを書いて下さい。

「ハーバルラボ」ねじって巻いて 染めてみよう!」「和紙の花のスワッグ」

2)お名前/お電話番号(携帯)
3)予約確定の返信メールにて、予約完了となります。

返信までに2〜3日いただくこともありますが、ご了承ください。

                                                

 

| workshop | - | 11:49 |
AIR ROOM PRODUCTS のシャツ展

airaroom_omote.jpg

 

 

 

AIR ROOM PRODUCTS のシャツ展

 

2019 3/21(木祝)ー3/31(日)

open  12:00-19:00

close  3/26・3/27

 

いつもの日々のための、気取らずに着られるシャツ。
シンプルなデザイン、仕立ての良さ、洗いざらしの気楽さ。
そっと袖を通してみると、動くたびに心地よく、からだが自由になる気がします。
メンズもレディースも共通のデザインで、自分らしいサイズを選んでいただけます。
シャツにあわせたいパーカやストールなども。  この機会にぜひご覧ください。

 

| エアルームプロダクツさん在店予定_3/21・22・23・24 |

 

 

_____________________________________________________

 

 

AIR ROOM PRODUCTS  / エアルームプロダクツ(東京)


いつもの日々のための白いシャツ。
家で洗濯して乾かしてそのまま着られるシャツ。
シャトル織機で織ったコットンブロードや
風合いの良いリネンなど上質な素材を使い
専門の工場で仕立てています。
レディース・メンズともに共通のデザイン、
基本のカタチは継続して生産しています。
パーカ、ストールなどシャツにあわせて活躍する
アイテムもご覧いただけます。

 

_____________________________________________________

 

 

 

◎おいしいもの(販売のみ)

maruto (東京/焼菓子)

円居(岐阜/グラノーラ・スコーン)

Felt coffee (東京/珈琲豆)

 

◎タネヲマクの南インド・ミールスの会

3/24(日)12:00〜終了次第(限定数)

 

カレー好きの、AIR ROOM PRODUCTSの鴨さんのための

おもてなしカレーです。

予約なし、座った順番にご提供させていただきますので、

当日、ふらりといらしてください。

 

 

 

airroom_ura.jpg

 

| 展示 | - | 15:53 |
AIR ROOM PRODUCTS のシャツについて

 

 

 

 

 

AIR ROOM PRODUCTSさんのシャツの特徴は、肌触りのいい良質の素材と、シンプルなデザイン。

洗いざらしでも、そのままでいい感じに着られる気楽さは、シャツを着るという楽しさを教えてくれます。

 

わたしが気に入っているのは、一見すると細身のデザインでも、肩や脇のパターンに工夫があって、

着てみると思いのほかゆとりもあり、腕をあげたり動かすときにスッと軽く動かせること。

こればかりは、着てみないとわからない感覚ですが。。。案外、大切なこと。

 

せっかくなので、そのシャツのことを、もう少し詳しく聞いてみました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

●AIR ROOM PRODUCTSについて

 

「AIR ROOM PRODUCTS」は自分らしく着られるシャツと私たちが好きなモノ、
コトをカタチにするブランドとして2008年にスタートしました

シャツを作り始めたのは白いシャツが好きだったこと。
そして好きなシャツをいつまでも着ていたいから、、、
そんな理由で自分たちがずっと着たいシャツ2型から始めました。

始めた時から考え方は変わらず、好きなシャツをいつでも手にしていただけるよう
基本のカタチは微調整しながら継続して作り続けています。

私たちは清潔感のある、着てキモチのいい白いシャツがずっと好きです。

 

 


■デザイン

私たちが考えるスタンダードとして、メンズシャツの基本形を大切に主張しすぎない
シンプルでベーシックなデザインをメンズ、レディースのサイズ展開で用意しています。

自然にドロップさせた肩のラインとコンパクトなボックスシルエット、
裾は外に出すバランス。このサイズ感がベーシックな型では共通になっています。
デザインは同じでも女性サイズはより立体的にするなどレディースとメンズでは
パターンも違い、適度なゆとりで動きを妨げないシャツ作りを心がけています。

スモックタイプやコートタイプなどお好みや用途に合わせて選んでいただけます。
白いシャツと相性のいいヤクウール混やコットンで吊り編み裏起毛のパーカなども
定番として継続して作っています。

 

 

 



■生地

私たちの作るシャツは肌ざわりの良いコットンやリネンのシャツらしいスタンダードな生地を使用しています。
オーガニックコットン、スーピマコットン、ヨーロッパ産リネンなどの上質な原料から細番手の糸をひいた、
しっかりとしたきめ細かい織りの生地を選んでいます。
現在では少なくなったシャトル織機で高密度に織っ たコシのある生地や、昔ながらの吊編み機で編んだ
ふっくらとした素材など、効率よりも風合いを大切にした オリジナルテキスタイルにも取り組んでいます。


■仕立て

日本国内のシャツ専門工場によるメンズシャツならではの本縫い仕立てが基本です。
本縫い仕立てとは、折り伏せ縫いする事で生地端が全く出ない縫い方で、
ミシンの運針も1インチ間24針前後の非常に細かい針目で縫い上げています。
細かい針目でまっすぐ縫うことは時間がかかり高い技術を必要としますが
丈夫で着心地は快適、洗いざらしで着ても型くずれもなくキチンとみえます。
※カットソーなど一部の製品にはロックミシンを使用したものもございます。


■仕上げ

普段使いのシャツとして着て頂くために素材感をいかした仕上げになっています。

縫い上がったシャツは、水洗いで布地についていたのりを落とし、
風とあたたかい日差しで自然乾燥。ノーアイロンで適度なしわを残して仕上げています。
仕上げに水洗いすることでお買上げ後の洗い縮みもほとんどありません。
全ての製品はご家庭でお洗濯していただけます。
 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

そういえば、いつもAIR ROOM PRODUCTSの鴨さんは、

ブランドのシャツを気持ちよさそうに着ています。

とても、お似合いなんです。

シンプルだからこそ、着るひとに自然と寄り添っていくシャツなのかもしれません。

自分らしくいられるシャツ、探しにきてみませんか。

 

yumiko sotohata (スタジオマノマノ)

 

 

 

| 展示 | - | 14:04 |

スタジオマノマノ.jpg

manomap

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
profile
categorie