台風に伴う休業のお知らせ

台風に伴う休業のお知らせです。

 

台風19号の影響により10月12日から13日にかけて強風や大雨が予想されています。

それに伴い公共の交通機関の運休も予想されますので

10月12日土曜日はスタジオマノマノ、tonari 2店舗共に休業いたします。

 

13日以降の営業日時は下記の通りです。

台風が無事通り過ぎましたら是非ご来店ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

スタジオマノマノ

大塚淳子 ビニールバッグ展

 

10月13日(日) 〜20(日) 12:00〜19:00

会期中休み : 10/18 (金)

大塚淳子さんの在廊日は10月14日(月・祝)に変更になりました。

mamedoiさんの出張喫茶は10月13日(日)のみ開催

 

tonari

選 ぶ_e r a b u

 

10月10日(木)〜20(日)13:00〜20:00

会期中休み :10/13(日) 10/17(木)

| news | - | 10:53 |
大塚淳子さんのビニールバッグ展

大塚淳子 ビニールバッグ展

 

2019.10.12(土)〜20(日)

12:00〜19:00

会期中休み18日(金)休み

福岡でアンティークショップ「UNTIDY」を営んでいらっしゃる  大塚淳子さんが作るバッグは、
各国で蒐集された布とピクニックやお花見に使う「ブルーシート」の素材を組み合わせています。
その組み合わせがおしゃれなのはもちろんですが、軽くて丈夫で使いやすい!
初日12日は大塚さんも来て下さいます。ぜひ、お出かけ下さい。
◎一日喫茶「mamedoi」 10月12日(土)13日(日)13:00~18:00 
◎福岡の「la cle 」さんよりお菓子が届きます。
一日喫茶開催中は珈琲と一緒に召し上がっていただけます。
| 展示 | - | 17:24 |
10月_tonari_選ぶ_erabu

 

 

 

選 ぶ_e r a b u

 

2019.10/10(木)_10/20(日)

open :  13:00 - 20:00

close :10/13(日) 10/17(木)お休み

 

 

 

日々、いつもなにかを選ぶ。 今日も、また明日も選んでいる。

 

10月=tonariは、「選ぶ」をテーマとした展示を開催します。

 

yatraさんのウールコート受注会は、型も、表の生地も
裏地の柄も選ぶことができ、またサイズの変更も可能。
迷う愉しさをあじわうもよし、迷いなく選ぶのもいい。
コートだけでなく、秋冬ものの展示販売もあります。

 

graniteさんの巾着バッグもまた、取っ手のヒモを選ぶことができます。
今の自分の気分に合う、色や素材を選んでみませんか。

 

AKI NARUJiさんのアクセサリーは、片方ずつのものを
カケラを組み合わせるように身につけることができます。

 

 

yatra ウールコート受注会&秋物

granite 巾着バッグ・布小物

AKI NARUJi  糸編みアクセサリー

+ tonari コーナー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

● yatra/ ウールコート受注会&秋冬もの

 

yatraさんの新作、選べるウールコートの受注会です。

 

型も、表地も、裏地の柄も選ぶことができます。

また、丈や袖丈などのサイズ変更も可能(パターン変更料:別料金/yatraさん在廊日のみ)

 

迷いながらもいろいろ選ぶもよし、迷うことなく、サンプルそのままでももちろん。

 

 

*yatraさん在廊日: 10/10(木)・14(月祝)・20(日)

 

 ご本人のいらっしゃるときでしたら、アドバイスなども聞くことができると思いますよ。

 また、サイズ変更などのパターン変更は、yatraさんの在廊日のみとさせていただきます。

 

 

yatra_5_1.jpg

 

 

• yatra 則竹里沙(洋服)                  

 

 

風をまとい、そして通り抜けていく。

 

身体に寄り添い、動きを意識させるような、とても軽やかなデザイン。

歩いたり、裾を触ったり、身体を動かすとき。。。服を通して風の存在を感じます。

包まれていても、どこかゆったりと自由さを感じる服なのです。

 

yatra ”はヒンディー語で旅を意味するのだそう。

 

いろいろな地で出会った素材、人、技法。

それらに出会った感動を、オリジナルのデザインとテキスタイルとパターンに込めて、

なるべく天然素材を使い、作るひとも、着るひとも、笑顔になれる服を目指している、と

 

インドで出会った職人さんたちと一緒に、オリジナルテキスタイルを木版でプリントし、

生地に手刺繍を施して、1枚1枚、丁寧につくられた服です。

 

ぜひ袖を通して、その着心地のよさを感じてほしい洋服です。

 

 

yatra(ヤトラ)

 

WEB SHOP
facebook

 

 

 

 

yatra_3.jpg

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

● graniteさんの選べる巾着バッグ

 

 graniteさんの定番、巾着バッグの取っ手のヒモを一部の作品のみ、選べる巾着バッグとなります。

 選べるオーダーのものについては、後日のお渡しになりますの、ご了承ください。

 

 

 

 

 

・granite/巾着バッグ・布小物                           

 

繊細に描かれた植物、切り絵のようなかたち、楽しそうにくるくると動く線。

そのテキスタイルのモチーフは、彼女たちそれぞれの、いつかの記憶の中に存在している、かたち。

時を経て、布の上に写しとられて、新しい場所を与えられます。

 

graniteさんは姉妹ユニットです。

オリジナルのテキスタイルデザインを、自らシルクスクリーンでプリントし

バッグや小物を制作しています。

 

それぞれが版画や絵画を学び、さまざまな活動をするなかで、graniteは生まれました。

granite=花崗岩というユニット名の通り、子供の頃から身近に石と接し観察していたことも、

表現されるものに影響しているのかもしれません。

 

 

 

 

granite (グラニット)/ 田口聡子・田口美穂

岐阜県生まれ
石屋の家に生まれ育った姉妹によるユニット。(granite=花崗岩)
それぞれ版画や絵画を学び、2015年よりテキスタイルデザイン(バッグ、小物)
および石のプロダクトを共同で手がける「granite」の活動を開始。
テキスタイルはシルクスクリーンプリントという技法を用い、デザインから
プリント・縫製まで自ら生産している。石材の可能性についてさらに模索中。
テキスタイルデザインは姉妹の記憶から展開したカタチをモチーフにしています。
「granite」とは花崗岩を意味し、種子などをあらわすラテン語「granum」を語源とする
ことばです。種をまき、あたらしいカタチを生み出したいと考え、名付けました。

 

 

 

 

 

 

 

● AKI NARUJi /糸編みアクセサリー

 

AKI NARUJi さんのアクセサリーは、片方ずつのものが多く、アシンメトリーが基本。

左右で違うかたちのものを組み合わせて楽しむのが、彼女のアクセサリーの雰囲気なのかもしれません。

鏡の前であてながら、選んでいるうちに、自分に似合うものが見つかるはず。

もちろん、左右セットになった、ピアスやイヤリングなどもありますので。

 

 

naruji_2.JPG

 

 

 

 

・AKI NARUJi 糸編みアクセサリー                     

 

彼女の生み出すかたちは、どれもシンプルで潔く、ブレがない。

いくつものフォルムの中から、試行錯誤の上に生み出された、かたち。このラインに...このバランスに..

.辿り着くまで、惜しみなく時間をかけて きたのだろうと想像します。

彼女の中から生まれたそのブレのないかたちを、もしも表面的に真似たとしてもたぶん同じものにはなれない。

なぜなら、削ぎ落と すという過程を経ていないから...真似たものにはどこか甘さが滲んでしまうでしょう。

 

色もまた、彼女のアクセサリーの魅力です。シンプルなかたちだからこそ、色の輪郭がくっきりと鮮やかなものに

映ります。いつもは身につけないような色にも挑戦したくなり、組み合わせることで色を立体的に意識させてくれます。

 

耳につけたり、胸元につけてみてください。体験することで、その作品はオブジェのような存在から、アクセサリー

として、輝きを放ちはじめます。

 

 

 

 

AKI NARUJi(糸編み)

「シンプルに、格好よく、自分らしく、遊ぶ。」をコンセプトに、
日常と特別に似合う糸編みアクセサリーを提案しています。
HP/ www.akinaruji.net

 

 

 

 

naruji_1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

| tonari | - | 00:31 |
本を読む時間/スタジオマノマノ + tonari

 

 

 

本を読む時間/スタジオマノマノ + tonari

 

9/1(日)−9/30(月)

 

open  12:00-19:00

close  火水(会期中のみ) 

 

 

【 本を読む時間 】

9/1〜9/30まで1ヶ月開催する、本をテーマとしたイベントです。

今池ー千種ー車道のお店を15店舗をつないで、ブックカバーにもなるMapと本を

片手に、ときおり地図を広げて街歩き。

 

 

この期間中、スタジオマノマノ + tonari では、2つの部屋で展示会やワークショップを開催しています。

本のフリマや、短編を読む、soup /asako nakano さんの展示、ブックカバーや栞の展示。

ワークショップに、本と一緒に楽しみたいおいしいもの、などなど。

また、メルヘンハウスさんがマノマノに出張販売にいらっしゃいます。

 

2つの部屋を行き来しながら、本を読む時間をお楽しみください。

 

 

__________________________________________________

 

 

< スタジオマノマノ >

 

 

 

◎本のにちよう市

 

「 本の新しい持ち主探します 」をコンセプトとした、古本フリマです。

本を手放すとき、本と過ごした時間を、それにまつわる想い出を少しだけ思い出すことでしょう。

気に入った本を友人にすすめるように、子猫の飼い主を探すように、本の新しい持ち主を探します。

 

 

 

◎古書玉椿  (東京/博物図、フォークアート、手芸の洋書の古書販売)

 

http://tamatsubaki.net/

 

 

 

◎短編を読む

 

今の気分にあう本を見つけたら、その本を手にとってみてください。

短編を読む、に賛同していただいた方から、読んでほしい本をお借りして、コメントを書いてもらいました。

選んだ本のジャンルもさまざま...「本を読む時間」をただただあじわうためのイベントです。

(*参加型/参加費:マップへのワンコイン募金/お茶付き)

 

 

______________________________________________

 

 

 

< tonari  トナリ >

 

マノマノのお隣、tonari (トナリ)では、本や紙にまつわる展示会を開催します。

参加者のZINEや冊子などの、本も販売。

また、本と一緒に楽しめるおいしいもの、珈琲やおにぎり、お弁当の販売などもあります。

 

 

 

 

◎ soup paper & things exhibition

 

『 B / O / O / K   本と本の間 』

 


蔵書票
何処かの国の古書に挟まっていたメモ紙
本を包むための紙

本の間 あるいは本と本の間にあるもの
その景色をすくいとって
本にまつわる紙ものを制作しました

薄い紙 古い紙 凹凸のある紙
紙が見せるさまざまな表情にインクを重ねる
平面である紙を立体にしてみる

紙という興味の尽きない素材との小さな対話


soup paper & things /asako nakano


2006- 包装紙・カードなどの印刷プロダクトの制作
2018- シルクスクリーンプリントなどの版画技法に

よる紙の道具の制作、ロゴ・パッケージのデザインなど
 

http://www.soup-web.net/

 

 

 

 

◎『ブックカバーと栞』

 

土屋未久

溝渕美穂

きいろの戸口

naoko mizota

wanaka okada

granite

 

 

◎展示/参加者のご紹介や展示の詳細はこちらへ click !!

 

 

______________________________________________

 

 

 

 

 

 

 

◉9/15(日) 出張メルヘンハウス 『 今、私が手渡したい1冊の絵本 』  

 

 

@スタジオマノマノ+tonariにて  12:00-19:00

 

 

*イベントの詳細については、こちらへ click !!

 

 

このたびメルヘンハウスの「故郷」である、千種、今池界隈で開催される

「本を読む時間」にて、2日間のみですが、再度復活します。

今回は私が今、そして未来を生きる子どもから大人まで、みなさんに

手渡したい絵本を1冊選び、100冊ご用意しました。

「どんな絵本なのか?」

それは来てのお楽しみにしておきます。

みなさんにお会い出来るのを楽しみにしています。 

 

メルヘンハウス 二代目 三輪丈太郎

http://meruhenhouse.co.jp/

 

 

______________________________________________

 

 

 

< workshop・ワークショップ >

 

 

 

◉9/8(日) カオポックワークショップ/文庫本を上製本にします

 

。隠亜В娃亜繊´■隠粥В娃亜繊 閉螳6名/事前予約のみ)

 

お気に入りの一冊を、製本クロスをつかって、ハードカバーに仕立てなおします、

リバンドワークショップです。

文庫本、またはペーパーバックを1冊お持ちください。

 

 

 

< 会期中のワークショップ一覧 >

 

◎9/8(日) カオポックワークショップ『 文庫本を上製本にします 』

 

◎9/22(日) ホモ・サピエンスの道具研究会『 読書が旅というのなら 』

 

◎9/28(土) ホモ・サピエンスの道具研究会/いつもやっていること文化センター

         「 本を読む時間 と 時間を読む本 」

 

 

*ワークショップの詳細と予約方法については、こちらへ click !!

 

 

______________________________________________

 

 

 

< 本と一緒に、おいしいもの >

 

本を読みながら、片手で食べられるランチはいかがですか。

どちらもテイクアウトのみになります。

マノマノの近所の公園で、のんびり読書ランチをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

◉ 9/8(日) おにぎりやさん (おにぎり/予約なし)

 

おにぎりやさんに、おにぎりをお願いしました。

マノマノのご近所の公園で、のんびりと読書はいかがですか。

 

https://www.facebook.com/onigiriyasan2014/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◉ 9/15(日) モモヨカリー (ビリヤニ弁当/事前予約のみ*)

 

事前予約のみ。ご予約の詳細はこちらへ。 click !!

 

普段は名古屋の塩釜口のお店で、ベジの南インドミールスを提供していますが、

今回はビリヤニを提供していただきます。

 

ビリヤニとは、スパイスを効かせたインドの炊き込みご飯です。

ノンベジのビリヤニ弁当を持ってお出かけしてみてはいかがですか。

 

https://www.instagram.com/momoyo_curry/

 

 

◎本とお菓子

 

ヨフカシ(焼菓子)

いつものクマーノクッキーをヨフカシさんにお願いします。

やさしい味で、夜更かししながらの読書におすすめです。

 

 

◎本と珈琲豆 

 

 本と珈琲は、やはり切っても切れない関係....今日の読書のお供に。

 今回のイベントに参加いただいている、3つのお店の珈琲を販売します。

 いくつか購入して、飲み比べするのもいいかも。

 

 マルヨシコーヒー

 読書珈琲リチル

 BABI CHAN CAFE

 

 

 

__________________________________________________

 

 

【本を読む時間】

 

https://honyomujikan.amebaownd.com/

 

 

9/1〜9/30まで1ヶ月開催する、本をテーマとしたイベントです。

今池ー千種ー車道のお店を15店舗をつないで、ブックカバーにもなるMapと本を

片手に、ときおり地図を広げて街歩き。

 

企画運営 :  スタジオマノマノ + tonari   / yumiko sotohata

 

 

 

| 展示 | - | 03:27 |
本を読む時間/ワークショップ

 

【本を読む時間】の会期中に、スタジオマノマノ+ tonariでは、本にまつわる、さまざまな

ワークショップを開催いたします。

 

文庫本を解体して、ハードカバーのとっておきの本をつくったり、読めない本の読書の旅に出たり。

 

すべて事前予約のみとなりますので、予約方法に従いご予約ください。

 

_________________________________________

 

 

 ◎9/8(日) カオポックワークショップ『 文庫本を上製本にします 』

 

 ◎9/22(日) ホモ・サピエンスの道具研究会『 読書が旅というのなら 』

 

 ◎9/28(土) ホモ・サピエンスの道具研究会/いつもやっていること文化センター

          

          *9/28に変更になりました

 

_________________________________________

 

 

 

 

◉9/8(日) カオポックワークショップ/文庫本を上製本にします

 

なんども読みすぎて少し傷んでしまった文庫本、お気に入りで保存版にしたい本など、

ハードカバーに仕立てなおすことで、一冊しかない、とっておきの本になります。

 

お気に入りの一冊を、製本クロスをつかって、ハードカバーに仕立てなおします、

リバンドワークショップです。

文庫本、またはペーパーバックを1冊お持ちください。

 

道具、表紙の製本クロスはこちらでご用意いたします。

また、紙を持ち込みされる場合は、30cm × 30cm のサイズをご用意ください。

 

。隠亜В娃亜繊´■隠粥В娃亜繊 閉螳6名/事前予約のみ)

 

講師:      KaoPoK(カオポック)   https://kaopok.com/

参加費: 5500円(税込) お茶とお菓子付き

定員:  6名 

 

 

*写真は、参考サンプル。

文庫本の表紙を剥がして、製本クロスをつかってハードカバーに製本しています。

 

 

 

_________________________________________

 

 

 

 

 

 

◉9/22(日)ホモ・サピエンス道具研究会 『 読書が旅というのなら 』

 

日々なにげなく過ごしている この世界を、少しだけ違う角度からあじわうための時間です。
準備は特に何も必要ありません。ただ当日、柔らかい頭と好奇心だけをお持ちください。
 

 

9/22(日)

 

11:00〜  14:00〜 (定員6名/参加費 1500円/お茶付き)

 


読書が旅というのなら、たしかに栞(bookmark)は重要な旅の道しるべ。
それがあれば、たとえ旅を中断したとしても、いつでもまたそこへ戻ることができるでも、

たまたま出会っただけの本をちょっとだけ開き、閉じたらきっともう二度とは戻ることはないだろう、

そんな旅もあるのが読書の旅。


その日たまたま出会うことになる、読むこともたいへんそうな異国の本を前にし、ゆっくり

お茶など飲みつつ、その縁に触れては紙の質を感じたり、綴じ込まれたページの内側を覗いてみたり。

なかなか出発はしないし、旅に出てもきっと栞を本に挟むことはないけれど、用意した旅の栞を片手に、

本と過ごすのんびりとした時間に興味がありましたらこのツアーにご参加ください。

 

 

_________________________________________

 

 

◉9/28(土)ホモ・サピエンス道具研究会 / いつもやってること文化センター

 

 テーマ 『 本を読む時間 と 時間を読む本 」

 

 

9/28(土) 18:00−19:00  (定員10名/参加費 1000円/お茶付き)

 

いつもやっていること文化センター:「本を読む時間」と「時間を読む本」

 

「本を読む時間」の反対は「本を読まない時間」。

でも、どちらにも共通するのは、それらが「時間」の中にある経験だということ。

本を読む人も、本を読まない人も、時間の中にあって、時間を読んで暮らしているのだから、

そのことをしみじみあじわう「時間を読む本」があってもいいのにと、なんとなく思う。

 

このイベントでは、そんなあるのかないのかもわからない「時間を読む本」のようなものを

参照しつつ、日々の暮らしのなかで、いつもやっている時間を読んでしまえている経験の不思議を

ふりかえりながら、おしゃべりをします。

 

 

 

いつもやっていること文化センターは、いつもは気にもせずやっている、「いつもやっていること」

を気にかけるための場所です。気軽に足をお運びください。

 

 

_________________________________________

 

 

 

 

|ワークショップ予約について|  

 

・メールにて、ご予約を承ります。  →  infomanomano@gmail.com

 

・メールの件名のところに、必ず 「 日付/タイトル 」と、ご記入ください。

 

・本文には以下のことをご記入ください。

 

お名前(フリガナ)/ご住所/電話(携帯*必ず明記してください)/参加人数

希望時間  伸

 

 

*スタジオマノマノからのメール返信にて、予約確定となります。

(返信に1〜2日かかることもありますので、ご了承ください。)

 

*満席の場合も、メールにてご連絡いたします。

  1週間以上経ってもメール返信がない場合は、手違いの可能性もありますので、

  お手数ですがご連絡いただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| workshop | - | 03:09 |
本を読む時間/展示

 

 

 

 

◎ soup paper & things exhibition

 

『 B / O / O / K   本と本の間 』

 


蔵書票
何処かの国の古書に挟まっていたメモ紙
本を包むための紙

本の間 あるいは本と本の間にあるもの
その景色をすくいとって
本にまつわる紙ものを制作しました

薄い紙 古い紙 凹凸のある紙
紙が見せるさまざまな表情にインクを重ねる
平面である紙を立体にしてみる

紙という興味の尽きない素材との小さな対話

 

 

 

 

 

 

soupさんの作品は、紙という素材がすきだという気持ちに溢れています。

少しでも紙に接していたいからと、気がつけば、紙や本にまつわる仕事を

していたそう。

 

軽やかに浮遊する絵や文字は、紙の上でまるで踊っているよう。

 

丁寧につくられた、いろいろな大きさの箱、とても小さい箱から、細長い箱

などもあって、いくつも重ねて置きたくなる。

 

何をいれるのかは、ご自由に。実際に手で触れてみてください。

 

 

 

 


soup paper & things /asako nakano


2006- 包装紙・カードなどの印刷プロダクトの制作
2018- シルクスクリーンプリントなどの版画技法に

よる紙の道具の制作、ロゴ・パッケージのデザインなど
 

http://www.soup-web.net/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎『ブックカバーと栞』

 

土屋未久

溝渕美穂

きいろの戸口

naoko mizota

wanaka okada

granite

| 展示 | - | 01:12 |
本を読む時間/出張メルヘンハウス『今、私が手渡したい一冊の絵本』

 

 

 

◎出張メルヘンハウス 

「今、私が手渡したい1冊の絵本」

 

2日にわたり、それぞれ場所も時間も変わりますのでご注意ください。

スタジオマノマノでは、9/15(日)になります。

この1冊の絵本との出合いが、日々の生活に、今までと違う手触りをプラスしてくれる気がします。

絵本のシンプルな力を信じたいと思います。

 

 

●9/15(日) http://s-manomano.jugem.jp/

@スタジオマノマノ + tonari にて 12:00 -19:00  

 メルヘンハウスさんによる、1冊の絵本の販売

 

 

 

●9/14(土)  http://www.shimauma-books.com/

@シマウマ書房にて 11:00 -18:00  

メルヘンハウスさんによる、1冊の絵本の販売

 

(シマウマ書房での)

同時開催:手作りワークショップ

内容:キラキラモビール/布タペストリー

料金:各500円(講師:後藤愛菜さん)

 

 

 

 

「今、私が手渡したい1冊の絵本」

 

2018年3月、千種にて45年の歴史に幕を閉じた、日本で初めての

子どもの本専門店「メルヘンハウス」。

 

昨年の秋から「ネクストステージ」と銘打って実店舗再開に向けて活動を行い、

4月には星が丘テラスにて13日間の限定復活も成し遂げました。

 

それから半年あまり、このたびメルヘンハウスの「故郷」である、千種、今池界隈で開催される

「本を読む時間」にて、2日間のみですが、再度復活します。

 

今回は私が今、そして未来を生きる子どもから大人まで、みなさんに手渡したい絵本を1冊選び、

100冊ご用意しました。

 

「どんな絵本なのか?」

それは来てのお楽しみにしておきます。

みなさんにお会い出来るのを楽しみにしています。 

        

メルヘンハウス 二代目 三輪丈太郎

 

 

 

※絵本をご購入頂いた方の先着30名さまに、素敵なプレゼントをご用意しました。

 

※子どもたちが集まれば、いつでも「おはなし会」を開催します(もちろん大人の方々へも)!

 

※今回セレクトした絵本は子どもだけでなく、4歳ぐらいから大人まで幅広く楽しんで頂ける上、

1000円でお釣りがくるお求めやすい絵本です。

 

※みなさんのワクワク感を大切にしたい為、会期中はSNSなどで絵本のタイトルや画像での

紹介などはお控えください。

 

※メルヘンハウスのオリジナルトートバッグとステッカーも販売します!

ネットなどでは販売しない限定グッズです。この機会に是非ともお買い求め下さい!

 

 

 

メルヘンハウスHP:http://meruhenhouse.co.jp

Facebook:https://www.facebook.com/meruhenhouse/

twitter:https://twitter.com/meruhenhouse

instagram:https://www.instagram.com/meruhenhouse

 

 

 

 

 

 

 

| 展示 | - | 08:55 |
本を読む時間/本と一緒においしいもの

 

 

 

< 本と一緒に、おいしいもの >

 

本を読みながら、片手で食べられるランチはいかがですか。

どちらもテイクアウトのみになります。

マノマノの近所の公園で、のんびり読書ランチをおすすめします。

 

また参加店舗で、自家焙煎されているお店の珈琲豆も限定数で販売しています。

 

 

 

 

 

 

◉ 9/8(日) おにぎりやさん (おにぎり/予約なし)

 

おにぎりやさんに、おにぎりをお願いしました。

マノマノのご近所の公園で、のんびりと読書はいかがですか。

 

 

おにぎりやさん

愛知県を中心に活動する店舗のない、おにぎりやです。

自然に近い形でつくられたお米を土鍋で炊いています。

季節の素材を炊き込んだおにぎりや、お米の味をストレートに

楽しめる塩にぎりなどをお持ちいたします。

 

https://www.facebook.com/onigiriyasan2014/

 

https://www.instagram.com/onigiriyasan_/?hl=ja

 

 

 

 

 

 

 

 

◉ 9/15(日) モモヨカリー (ビリヤニ弁当/事前予約のみ*)

 

事前予約のみ。ご予約の詳細は、下記の予約方法へ。 

 

普段は名古屋の塩釜口のお店で、ベジの南インドミールスを提供していますが、

今回はビリヤニを提供していただきます。

 

ビリヤニとは、スパイスを効かせたインドの炊き込みご飯です。

ノンベジのビリヤニ弁当を持ってお出かけしてみてはいかがですか。

 

https://www.instagram.com/momoyo_curry/

 

 

 

 

◎本とお菓子 

ヨフカシ(焼菓子)本にまつわるクマーノクッキー

 

 

 

◎本と珈琲豆 

 

 本と珈琲は、やはり切っても切れない関係....今日の読書のお供に。

 今回のイベントに参加いただいている、3つのお店の珈琲を販売します。

 いくつか購入して、飲み比べするのもいいかも。

 

 マルヨシコーヒー

 読書珈琲リチル

 BABI CHAN CAFE

 

 

 

__________________________________________________

 

 

 

|モモヨカリービリヤニ弁当/ご予約について|  

 

 

・メールにて、ご予約を承ります。  →  infomanomano@gmail.com

 

・メールの件名のところに、必ず 「 9/15 ビリヤニ弁当 」と、ご記入ください。

 

・本文には以下のことをご記入ください。

 

 

お名前(フリガナ)/ご住所/電話(携帯*必ず明記してください)/希望数

 

・お一人様2個まで。(数に限りがありますので、それ以上をご希望の方はご連絡ください。)

 

 

*スタジオマノマノからのメール返信にて、予約確定となります。

(返信に1〜2日かかることもありますので、ご了承ください。)

 

*満席の場合も、メールにてご連絡いたします。

  1週間以上経ってもメール返信がない場合は、手違いの可能性もありますので、

  お手数ですがご連絡いただければと思います。

 

 

| 展示 | - | 14:37 |
H TOKYO & swimmie ハンカチ展

 

 

 

H TOKYO & swimmie  ハンカチ展

 

2019 6/20(木)ー 7/7(日)

 

open 13:00 − 20:00

close 6/25(火)・26(水)・7/2(火)・3(水)

 

 

 

やわらかな布の感触、日々使いながら少しずつ自分の感覚へと馴染ませていく。
ハンカチをつかうという、自分だけの密やかな愉しみ。

肌触りのいいハンカチで、手を拭く...ここちよさ。
食事の前に、目を惹くようなハンカチをさりげなく膝にかける。
絵を飾るように、ハンカチを壁に貼る。

 

ハンカチ専門店、 H TOKYO /swimmie のハンカチを展示販売いたします。

 

 

ハンカチてぬぐい展、という企画の初回から参加していただいていた、

H TOKYOさんはメンズのハンカチのブランドです。

その後、レディスハンカチの swimmie というブランドもでき、東京の三宿の本店から

はじまり、今では東京だけなく京都などにもお店があります。

 

初めて三宿のお店に伺ったとき、そのデザインの多様さと素材の良さに、とても感動したのを覚えています。

ハンカチを持つという愉しみを、いつも軽やかに刺激し、自由に遊びゴコロを広げていってくれる、ブランドです。

 

今回は、個展という形で、種類もかなり多く展示させていただくことになりました。

また、通常は shop などで限定で行われている、オリジナルワッペンも特別に取扱いさせていただきます。

 

direction  :   yumiko sotohata

 

 

 

 

HTOKYO2.jpg

 

 

 

● H TOKYO

 

H TOKYOは、ハンカチの専門店です。
選りすぐりの上質な素材、洗練されたデザイン、丁寧なものづくりを基本にハンカチをつくっています。
イタリア・オーストリア・スイスなどの高級シャツ生地、アメリカのポップなプリント柄から、

日本の静岡県浜松、兵庫県西脇などシャツ生地産地の素材を含めて、世界中から上質なものを揃えています。
国内外の作家による感性の高いデザインのプリントや刺繍のハンカチのラインナップもあります。

ミシンによる縫製や職人による手巻き縫い、プリント加工など、全て日本製です。

働くシーンに合うシンプルでベーシックな質の高い大人のハンカチ。
休日の装いに合う少年の心を思い出させる遊び心いっぱいのハンカチ。
そんなハンカチが整然とお店に並んでいます。

あなたのお気に入りのハンカチがきっと見つかるはずです。

 

H TOKYO

http://htokyo.com/

 

 

swimmie2.jpg

 

 

 

● swimmie

 

swimmieはハンカチ専門店です。

形が四角とは限らない。
手を拭くだけではない。
あなた自身を解放する、自由に楽しめる、
そして常に身近な存在であってほしい。

そうした想いから生まれる日本の繊細な
プリント・縫製技術によるハンカチが並びます。

あなたの掌には、きっと無色透明な日々がさまざまに変化する、
小さな新しい発見があるはずです。

 

swimmie

http://swimmie.me/

 

 

 

●期間限定のサービスを行いますので、お楽しみに!!

 

 

 

 

 

■ オリジナルワッペンをつけます

 

お好きなハンカチに、H TOKYO /swimmie オリジナルワッペンを
その場でおつけします。組み合わせを、あれこれ迷ってみてください。

 

 

 

 

■ EVENT  おいしい時間 

 

展示期間中に、tonariにて「おいしい時間」をお過ごしください。

 

 

□ タネヲマク・南インドカレーミールスの会

  6/30(日)12:00〜終了次第(限定数)

 

予約なし、座った順番にご提供させていただきますので、

当日、ふらりといらしてください。

 

(写真は前回のときのものです。)

 

 

 

 

 

□ bonnieux ボニュ  一日喫茶 (焼菓子の販売は、6/27〜予定)

  

  7/7(日) 12:30〜 (事前予約のみ)

 

  。隠押В械亜繊満席

  ■隠魁В械亜繊〇弔蝪洩

  14:30〜 満席

  ぃ隠機В械亜   満席

 

  (各回10名ずつ/ケーキセットのみ)

 

→ 優先予約: 6/20(木)より、スタジオマノマノにご来店いただき、ハンカチ展の店頭にて、

        時間予約のみ優先的ご予約を承ります。

 

 

→ メール予約: 7/1(月)PM12:00~ 予約開始

         優先予約にて、満席にならなかった場合にのみ、メールにて時間予約を承ります。

         

         infomanomano@gmail.com

 

 

 

1)メールの件名に【 7/7_bonnieux 一日喫茶 】とご記入ください。

 

2)ご希望の時間  銑

 

3)お名前・住所・ご連絡先(携帯番号)・参加人数(参加者すべての氏名)

 

 

を、ご記入の上、メールを送付してください。

 

 

*スタジオマノマノからの返信メールにて、予約完了となります。

 返信には2〜3日かかることのありますので、ご了承ください。

 

*3日以上、返信のない場合は、お手数ですが改めてご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 展示 | - | 00:15 |
「青と白」a と Lawny

 青 と 白

 

空と雲、海と波、青と白。

「a」と「Lawny

2019. 5/25 sat−6/2 sun

close 5/30 thu

12 pm-7 pm 

 

自身の感覚を信じ、素材を選び、自由で心地よいものづくりを続ける

「a」スモールエーと「Lawny」ラウニー。

青と白、それにまつわる いろかたち。

 

 

a  【服】

ニットと布帛の境界を超える、自由な服。

一点一点、デザイナーの手作りです。

a small shop 

a[スモールエー]が運営するアートとファッションの

小さなセレクトショップ。

今回はアクセサリーなど届きます。

https://small-a.com

 

Lawny  【バッグ、ポーチなど】
NEAT
  きちんとしている、UNIQUE  固有で唯一、COMFORT  心地よい  
3つの言葉を大切に、素材選択から作品に関わる全ての工程を
一貫して行ない、アートピースを作るような活動をしています。

http://lawny.jp/

 

【一日喫茶】5/25 sat  12 pm- 6 pm

「音叉堂喫茶室」&「ladybug

ワンディ喫茶でおなじみの音叉堂喫茶室と一緒にladybugのマフィンが久しぶりにやって来ます。

https://web.stagram.com/onsado_kissashitsu

 

 

             

                                                                

https://www.instagram.com/machikov/

 

| 展示 | - | 10:00 |

スタジオマノマノ.jpg

manomap

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
profile
categorie